« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年5月

ブログ更新休止のお知らせです。

会員各位  

ブログ更新休止のお知らせ

【小沢一郎に日本を託す会】の立ち上げからほぼ二ヶ月。 

小沢さんに関心のある方との、親睦を図るツールとして

ブログを運営してまいりましたが、ここに来て、このブログ

管理者の体調不良により、緊急お知らせの場合を除いて

大変申し訳ありませんが、ブログの更新を休止せざるを

得なくなりました。

管理者の体調が戻り次第、更新復帰する予定です。
 
これに伴い、ブログ記事へのコメント受付も、お休み致し

ますのでご了承下さい。

つきましては、

会員専用掲示板”『一言!』お願いしますコーナー”
http://1st.geocities.jp/ichiro_kaiin/

はこれまで通り開設しておりますので、会員相互のご意見

書き込み板として、ご利用下さい。

【小沢一郎に日本を託す会】は、

小沢さん「よっしゃ、頑張ろ!」と元気になるような声

を集め、届ける目的の勝手連の会で、集票目的の団体

ではありません。

小沢事務所及び民主党へのご意見・ご要望は直接

関係各所にお願い致します。

尚、【小沢一郎に日本を託す会】

正式アカウント ichirokai_kaiinへのお問い合わせに

つきましては、内容によってはご返信致しかねます事、

予めご了承下さいますようお願い致します。

【小沢一郎に日本を託す会】 世話人 一同

|

小沢幹事長講演 一新会

一新会 小沢一郎代表講演

一新会での小沢幹事長講演の動画をご紹介します。

「どうやって日本を立て直すか」という内容の講演です。

是非ご覧下さいませ。

http://www.youtube.com/watch?v=6h84iJkzaCY&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=AkCPp7vUpYo

http://www.youtube.com/watch?v=Th_HM9j2fw4

http://www.youtube.com/watch?v=nYnUNNfP20w

http://www.youtube.com/watch?v=nLANSVN_B-0

Ozawakouen

Ozawakouen2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第59回 小沢一郎政経フォーラム開催のご案内です。

本日は第59回「小沢一郎政経フォーラム」のご案内

をさせていただきます。

政経フォーラムとは、小沢一郎事務所が、年に4回

東京において開催している勉強会です。

第一部の「勉強会」では、各界で活躍する著名人の

講演があり、

第二部の「懇親会」は、小沢一郎代議士を囲んでの

立食形式パーティーです。

    日時:6月17日
    第一部「勉強会」11:00~
    第二部「懇親会」12:00~

    会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京
            (港区赤坂1-12-33)
    会費:20,000円

    講師:元衆議院議員  二見  伸明 先生

※当日は、小沢一郎代議士と写真を撮る時間も
  あります。

◆お申込み方法◆

小沢一郎ホームページより、お申込みください。
https://www.ozawa-ichiro.jp/support/seikeiforum.htm
       

|

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ⑤

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ①
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4fb8.html

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ②
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-29c5.html

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ③
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-eaeb.html

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ④
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-cbbf.html

石川ともひろ代議士 
      メッセージお届け&インタビュー  vol.5

                                           世話人 @hanekiyo

⑦石川さんの印象は、逮捕前と逮捕後で確かに変
   わったように思います。
   今は正に”一国一城の主”という風格を感じます。
   それだけ、責任感-国家を作り上げて いく立場
   の人間なんだというような覚悟がひしひしと感じら
   れますが、その辺りのお気持ちを教えていただけ
   れば。。。

今までの話と同じになりますが、有権者の思いの

上に立っているので、それにどうやって応えていく

かということですね。

今回の件でも、いい経験をしたと思っています。

ただ、嘘ばっかり書かれているのを、黙って耐える

というのは、ちょっと・・・。本当にひどいですからね。

それに、これを読んだ人は本当のことだと信じるで

しょう。

だから、出てきてから、どんな風に書いてあるのか

と思って、一か月分取り寄せたんですよ。

いい加減なことばかり書いてありますよ。

どこで取材してきたのか、本当に疑います。

いったい何を調べたんだか。

大久保さんだって、年は私より上ですが、事務所に

入ったのは私の方が先ですからね。

そういうことも知らないで書いてありますから。

本当にいい加減ですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検察の話題になって、先ほどの本を思い出す。

「あっ、その本の紹介をお願いします!」

「この本は、佐藤優さんからぜひ読んでみるといいと
いわれた本なんです。
日米の検察の比較ということで書かれているんです
が、読んでてなるほどと思う部分もありました。
それに、体制を維持しようという思いが強いんですね。
日本の検察の方が。そういうことも良く分かりますよ。」

なるほど。そういう本なら皆さんにも紹介しなきゃ。

ということで、当日の写真付き、名前間違えツイートが発信

された。。。

と、石川さんも話しだしたら止まらなくなるタイプかな。

「あ、そうそう、佐藤さんですね、今勉強会をしていまし
て。毎月開く予定なんです。
良かったら、参加しませんか? 冷やかしとか、取材っ
てことだとお断りなんですが、真剣に勉強したいという
方なら、歓迎ですから。案内渡しますから、皆さんにも
ぜひお知らせして下さい。」

「そういうお誘いなら、皆さんとても喜びますよ!
  そういう機会って本当にないですから。
  直接ご本人に会って話が出来る機会なんて。」

「そうですか。あ、皆さんオフ会とかはどうなんですか?
 されたりするんですか?」

「機会があればという声は出ていましたが。」

「じゃあ、やりますか? ここのところ、あちらこちらの
会合が増えていて、予定がすぐに埋まっちゃうんです
よね。応援してくれる会が開かれているもので。
今月の予定はほぼ埋まっているので、来月あたりどう
でしょう。
土日は帰らないといけないので、平日になりますが。」

「本当にいいんですか? お言葉に甘えて、ぜひお願い
  します!」

「では、日にちを先に決めないと。
  いつでもなんて言っていると、決まらないまま終わ
  ってしまいますから。」

ということで、勉強会のお誘いとオフ会のご提案をいた

だきました。

これですもの。応援してくれる方も増えますよね。

本当に今回の件は大変という言葉では言い表せない

ほどの体験でしょう。が、それ以上に、政治家として

これから必要になるものをどれだけ体得したことか。

実際にお会いしてお話すればするほど、そのことを

目の当たりにできたように感じます。

これから益々応援の輪も広がって、今以上に私たち

の声を国会に届けて下さるに違いないと思いました。

石川ともひろ代議士、これからも頑張って下さいね!

石川知裕衆議院議員のウェブサイトはこちらから。
http://www.tokachi-ishikawa.com/

Ishikawasan2

5回に渡り、石川代議士へのメッセージお届けの

報告とインタビューを掲載して参りました。

今回の訪問にあたり、応援メッセージをお寄せ

下さった皆様には、心より感謝申し上げます。

「オフ会」のご案内はこちらです。
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6add.html

会員の皆様のご参加をお待ちしています。

お会いできるのを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ④

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ①
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4fb8.html

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ②
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-29c5.html

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ③
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-eaeb.html

石川ともひろ代議士 
      メッセージお届け&インタビュー  vol.4

                                           世話人 @hanekiyo

⑤hiroanisake(お兄様)の何かエピソードを・・・
  (呟き聴いていてとてもいい方だな~と)。

随分とお酒を飲むので、控えた方が。

昔からするとだいぶ太りましたからね。

人のこと言えませんが、少しやせた方がいいです

よ(笑)。ダイエットですね。

それから、先日FAXでもらったんですが、森林問題

も始めましたと伝えておいて下さい。

たまにFAXでくれるんですよ、こういう問題もあると。

いろいろと大変役に立っています。

⑥政治家としての本分、逮捕前と逮捕後で変わらない
   こと、変わったこと、増えたことは?

有権者の声に応えるということですから。

今回の選挙で、中川氏よりも私を、自民よりも民主を

選んでくれた方では、期待していることが違うと思い

ます。

民主党を選んでくれた人は、天下りや無駄をなくして

ほしいという思いで入れてくれたんだと思います。

中川氏は親子2代で十勝の農産業の発展に尽くして

こられた方ですから、それはすごいですよ。

参議院の中川氏もおじさんですからね。

衆参で3人も出していますから、それは有名ですし。

今、全国で農業の出荷額は8兆円あります。

それが80兆円の消費になるんです。

間に入る手間代などを入れるとですね。

その間の部分を地域で作れれば、雇用も収入も

増えます。

そういう仕組みを変えるということを期待されている

んだと思っています。

今回、デンマークに外遊に行ってきましたが、デンマ

ークの人口は約500万人で、北海道とほぼ同じです。

国土の広さは九州と同じくらい。

そのデンマークでは豚肉の輸出が有名で、輸出

では10位、輸出額だと1位なんです。

ソーセージとかに加工したものもありますし。

北海道の十勝地方は、国内の牛の生産の1/8、

800万tの内の100万tを、小麦は1/4の20万t

を賄っています。

そういうこともあって、いろいろと見てきたわけです。

そういう仕組みを変えて、皆さんの生活を良くしたい

と思っています。

変わったことはですね、腹が据わったこと、ですね。

それと顔が知れたことかな。

この間、徳島に18年ぶりに行きまして。

実は私の両親は徳島なんですよ。

北海道にはほとんど親戚がいないですから、落下

候補なんですね。

曾祖父が北海道入植しまして、その曾祖父に呼ばれ

て両親が来たので、本当に遠戚と呼ばれるような親戚

しかいないんですよ。

だから、今回の件で顔が知られました。

地元でもすぐにわかってもらえますし。

徳島に行った際も、「あ、あの人」って普段着でいて

わかりますからね。これはすごく実感しました。

それと増えたことは、色紙の依頼が増えましたね。

今までそんなの頼まれたこともなかったんですが、

すごい頼まれますよ。

それと個人献金ですね。これも確実に増えてます。

これからの裁判のこともありますから、とても助か

ます。

⑤に続きます・・・・・

石川知裕衆議院議員のウェブサイトはこちらから。
http://www.tokachi-ishikawa.com/

Ishikawasan4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ③

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ①
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4fb8.html

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ②
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-29c5.html

石川ともひろ代議士 
      メッセージお届け&インタビュー  vol.3

                                           世話人 @hanekiyo

③裁判が終わったら必ず民主党に復党されると思うが、
その決意のほどは?

まだ裁判の開始も決まっていません。ということは

いつ終わるかも分かりません。

ですから、衆議院選挙で勝つことが先だと思って

います。

公判手続き以前の状態で、それさえもいつ終わ

るかも分かりません。

ですから、選挙で勝って民意を得たうえで、堂々

と復党の申請をしたいと思います。

それ以前にも、何かあればいいとは思っていま

すが。

―民意と言うのであれば、世論の後押しがあれば
   できるのではないですか?

そうですね。そういう声があれば、また考えます。

④石川議員さんにとってムネオさんはどのような存在
でしょうか?(石川さん逮捕前後こちらも不安になって
いた時にムネオ 日記で随分勇気もらいました)

そうですね。本当に掲示板が大変なことになって

いましたからね。閉鎖していました。

宗男さんは同郷だということもあり、とても力強い

し、勇気をいただいています。

外務委員長という公職についているということも、

とても大きいです。

宗男さんは検察とマスコミに対してよくご存じだし、

堂々としていらっしゃる。

佐藤優さんも同じです。

やはり、日本では、全てお上は正しいという意識

があります。検察が正しい、間違うわけがないと。

確かに、検察官は仕事熱心ですし、人柄も立派

な方が多いです。

皆さんに信頼されるだけの方が大勢います。

しかし、それがプレッシャーになっていることも

あると思います。

常に正しく、正義を行わなければならないと。

その正義をアピールできるものを探し続けている。

そういう心理が働くと、今回のような事件が生

まれるのではないかと思います。

佐藤さんから勧められて、今読んでいる本が

ありまして、日米検察の比較を書いた本なん

です。とてもわかりやすいですよ。

アメリカも陪審制度がありますが、あれも世論

の影響を受けるという点など、いろいろな問題

もあるといわれています。

日本で始まった裁判員制度も同じような問題

ありますね。

これは、拘留中に検察の方から聞いた話ですが、

明石の陸橋の事件です。

あれも調べて、副署長でしたか、集めた証拠では

起訴は無理だと判断した事件だそうです。

ところがそれでは遺族側は気持として納得でき

ません。それで、検察審査会で起訴相当という

判断が出たというんです。

今回の件も同じで、司法の場では有罪には持

込めない。

開示された証拠で判断すれば、法的には無理

だと。

しかし、何とか検察の正義をアピールしたい。

そうなると、審査会制度を利用して起訴すること

もできると。

法でなくて気持ちに訴えることができますから。

ということは、証拠がないから敢えて不起訴に

して、審査会の方々にはこんな悪い人間だから

と訴える。

そして起訴相当という評価をもらえば、検察の

正義という点では一定の目的は果たしたことに

なりますし、不起訴にした言い訳も立つ、

というようにも考えられます。

それで宗男さんですが、権力の側にいた人が、

権力を叩く側にいるということがすごいですよ。

今までそういう人はいませんでしたから。

この、権力の定義を覆した意味はとても大きい

と思います。

それに、「国策捜査」という言葉を世間に広め

た意味も大きいですね。

但し、今回の事件は国策捜査ではありません。

国策捜査というのは、時の権力側が、それを

反対する側に対して失脚させるために仕掛け

るものですから、民主党が政権を取った時点

で、国策捜査とは言えなくなります。

宗男さんは正しく国策捜査でしたよ。

時の権力側、小泉さんからすれば抵抗勢力で

したし、今までの利益誘導型の政治からは、

脱却したイメージを作ることが出来ましたから。

ですから、今回の件は国策捜査には入りません。

それよりも検察の正義をアピールするために

上げてきた事件と同じですね。

そういうプレッシャーで動かされているように思

います。

④に続きます・・・・・

石川知裕衆議院議員のウェブサイトはこちらから。
http://www.tokachi-ishikawa.com/

Ishikawasan5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ②

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ①
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4fb8.html

石川ともひろ代議士 
      メッセージお届け&インタビュー  vol.2

                                           世話人 @hanekiyo

これはチャンス!と思い、一生懸命ツイッターの売り込

みを始めてみた。

が、私の説明が至らないため、今一つピンとこない様子。

しからば、現物を見せた方が早い!と思い、ケータイの

画面を差し出してみると、

「ああ、こんな感じなんですか。なるほど。」

となんとなく伝わってきたみたい。

では、追い打ちを!

「今日、ここに来ることを知って、私宛てにツイートして
  くれてる声ですよ。」

と言いながら、replyの画面を出し、

「皆さん、本当に応援して下さっているんですよ。これ
  が今の生の声です。」

「これが、このメッセージを書いて下さってる方の名前で
すね。で、これが元に書かれた文と、書いた方の名前
です。この方のこのメッセージに対して、こういう答えが
返ってきたという感じと言ったら、分かりますか?」

ツイッター用語を使わない説明って、結構大変なんですね。

話しながら実感しました。。。

「いやぁ、面白そうですね。」

「面白いですよ。それに、伝播力が違うんです。週刊朝日
の出頭事件。あの時の上杉さんが発信したことで、一挙
に広まっていったのを見ていると、それは実感します。」

「そうなんですか。でも、私は筆不精だからな。続けて
書けるかどうか…。でも皆さんからいただいたメール
やお手紙は必ず目を通しています。お返事も時間を
見つけては書いていますから。」

「でしたら、ぜひ、初めは会の掲示板をご覧になって下
さい。荒らされると困るので、PWで入れるようにしたの
です。皆さんのメッセージを読めるのもそうなんですが、
書き込みもできますから、皆さん宛てのメッセージも書
いていただけます。直接本人へメールを送れるリンクも
貼ってありますので、本人宛のメールも書けます。」

「そうですか。では、今度見てみます。
             皆さんへのお返事も書きたいですしね。」

「よろしくお願いします!」

そして、いよいよ今日の本題、

石川さんへのインタビュー!

事前に用意した質問を紙にまとめて、順番に質問。

時間は1時間なので、どこまで聞けるかな?と思いながら、

いよいよ開始。

①県連で離党必要なし、の返事を受けたときの気持ちと、
ご自身で離党を決意された時の気持ちはどうでしたか?

池本道議、後援会、県連、皆さんから離党の必要

なしと言われ、本当にうれしかった。

しかし、ちょうど新政権で初めての予算の時期でも

あり、国民の注目も集まってしまい、一小選挙区の

問題では無くなってしまった。

このままでは収拾がつかなくなると思い、離党を

決意しました。

②またその決意を幹事長に伝えた時の幹事長の表情
をどう受け止められましたか?

会ってもいないし、電話もしていないので。

離党の件は、松木さんと樋高さんから、三井先生

を通して伝えてもらいました。

一度、きちんとお話したいとは思っていますが、

会ってコソコソと話してると言われるのも嫌なので、

会う時は堂々とお会いしたい。

先日の帯広市長選で、私が応援した候補が当選

しました。

そこで、その紹介も兼ねてお会いしようと思った

矢先に、先の検察審査会の議決が出てしまった。

また今会っても、大騒ぎされるだけだと思ったので、

断念したという経緯があります。

③へ続きます・・・・・

石川知裕衆議院議員のウェブサイトはこちらから。
http://www.tokachi-ishikawa.com/

Ishikasasan3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川ともひろ代議士 メッセージお届け&インタビュー ①

ツイッターでも実況中継が流れたのをご覧になられた

会員さんもいらっしゃると思いますが、去る5月7日に

掲示板、メール、ブログのコメント欄へ沢山の方から、

お寄せいただいた「応援メッセージ」

世話人の@hanekiyoがお届けをしてきました note

連載にて、そのご報告をさせていただきます。

石川ともひろ代議士 
      メッセージお届け&インタビュー  vol.1

                                           世話人 @hanekiyo

ゴールデンウィークが終わった5月7日、今まで皆さん

からいただいていた石川代議士宛ての応援メッセージ

をお届けに、永田町の議員会館まで行ってきました!

4月のフォーラムでお会いしてから、約1カ月。

早く会ってお渡ししたいと思っていたので、とっても楽し

みに待っていました。

メッセージを下さった皆さんも同じですよね。

当日は、石川さん宛てのメッセージをお届けしましたが、

小沢さんへのメッセージも同様にお届けしてきました!

但し、こちらは秘書さんが事務所で一人お留守番との

こと。

お仕事の邪魔をしてもいけないので、冊子をお渡しして

早々に退散してきました。

「幹事長には必ずお渡しします。」と、にっこり微笑み

ながら受け取っていただきました♪

さて、いよいよ今日の本丸、石川事務所

実は先ほど、小沢さんの所へ行く前に石川事務所に

寄って、寄書きのものだけお渡ししておきました。

小沢事務所にもお渡しする旨をお伝えして、寄書き

メッセージをお届けしたのでした。

石川さんの話を伺う前に、ちょっと目を通していただき

たかったこともあったので…。

ドアをノックすると、返事と共に、かの女性秘書さんが!

お仕事に出てこられるようになったんだ!

と、一瞬感激しながら挨拶。

「すでに準備できてます!」の声と共に、奥の部屋へ

案内されました。

「こんにちは。どうもありがとうございます。
                            よくいらっしゃいました。」

にこやかな笑顔でご挨拶。そして、

「先ほどの寄書き、壁に貼ってみたんですが、
      こちらをバックに話した方がいいですよね?」

本当に、良く心得て下さっているなぁと感心しながら、

冊子のメッセージもお渡しして、記念の写真を一枚。

多くの方から頂いたメッセージですが、まとめながら

感激して、どれほどもらい泣きしたことか。

そのことをお話していると、ページをめくって、中を

ご覧になり始めました。

「本当にありがたいですね。こういう声援をいた
 だくのは。今回の件で、なおさらそう思います。」

一つ一つを目で追いながら呟かれました。

目がうるうるしたように見えた途端に、

「後でゆっくり拝見させていただきます。ところで、
 ツイッターでしたよね。あれは一体どういうもの
 ですか? 支持者の方の中にも熱心な方がいて、
 お話は良く聞くんですよ。」

と、いきなりツイッターの話題に!

②へ続きます・・・・

石川知裕衆議院議員のウェブサイトはこちらから。
http://www.tokachi-ishikawa.com/

Ishikawasan1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気弱な地上げ屋さんのオフ会のお知らせ

お知らせの多い毎日です。。。

今回は、ツイッターでもブログでもご存じの方も

多いと思いますが、

気弱な地上げ屋さんのオフ会のお知らせです!

日時は5月24日。

時間は18:00頃からだそうです。

山手線の某駅近くのホテルで開かれるそうで・・・。

会費は¥10000です。

でも、飲み放題・食べ放題だそうですよ!

当日はゲストに、あんな方やこんな方がいらっ

しゃるそうで、皆さん楽しくて仕方ないでしょう。

(^O^)/

詳しくは、地上げ屋さんのブログでご覧ください♪

http://latache1992.blog56.fc2.com/

|

「石川ともひろと語る会」のご案内

皆さん、長らくお待たせいたしました。

先日の石川事務所訪問時にお誘いいただいた

オフ会のお知らせです!

当日は石川さんを囲んで、軽食を取りながらの

懇談会になる予定です。

終了時間は確定しておりませんので、

皆さん、終電に間に合うように自己責任でお帰

り下さい(笑)。

日時:平成22年6月2日(水)19:00~

場所:大田区某所
      (申し込まれた方にお知らせいたします)

会費:3500円

参加希望者は、

@hanekiyo宛てに連絡してください。

今回はオフ会でもありますが、実際に小沢さん

を応援している方々にもお声掛けしていただけ

るとのことですので、とても楽しい会になりそう

です。

ぜひぜひご参加ください♪

※現在のところ、定員は未定です。
    というのも、
どのくらいの方から申し込み
    があるかの見当がつかないからです。
    皆さまには大変申し訳ございませんが、
    先着順と させていただき、会場の上限と
    なる人数に達した 場合に締め切りとさせ
    ていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勉強会のお知らせです。

石川代議士からお誘いのあった、勉強会のお知
らせです。

第1回目の勉強会は、4月15日に開催されました。

連続の勉強会ということで、参加希望者の方は参加

登録が必要です。

先日の石川氏の地元で開催された講演会の講師も

務められた、佐藤優氏が講師となって進められる勉

強会。

本気でいろいろと勉強されたい方は、是非どうぞ!

とのお誘いです。

【第2回】新・知の巨人 佐藤優氏との勉強会
  ~誰が日本国家を支配するか~

日時:平成22年5月20日(木)
        16時30分~18時30分

参加希望者はDMで『託す会』アカウントまでご連絡

ください。

会の詳細と申込方法をお知らせいたします。

|

upshylon273の政経セミナー体験レポート♪

本日は、当会世話人の一人、upshylon273が参加した、

政経セミナーの体験レポートをお届けしま~すsun

「初体験!は まるで総会のよう~」
                 世話人upshylon273

この4月4日、神戸ポートピアホテルで行われた
民主党兵庫県総支部連合会主催の政経セミナ
ー、躍進パーティーに出席した。

初体験!

どんな形で行われるのか、どんな人たちが集ま
るのか、
ハタマタどんな服装で行けばいいのか。。。

何にも分からなく、行けばどうにかなるだろうの
開き直りで、とにかく会場へ向かった。

着いたのは開演15分ほど前。

1700人が収容できるという会場内はまだまだ空席の
目立つ状態だったが、時間が近づいてくるにしたがって
三々五々席は埋まりだした。

定刻の2時になってもぞろぞろと人が入ってくる。

このあたりから、ちょっとクエスチョンマークが私の心に
現れだした。

「2時03分ですが、2時05分から始めさせて頂きまー
す」と司会者の声。でも流れ込んでくる人々の列は急ぐ
様子もなく、トロトロと。。。
 
 
直嶋経産大臣の話は、今回概ねマニュフェストどおり
予算を組むことが出来たが、ガソリン暫定税率廃止は
叶わず申し分けなかったとの陳謝。

また、農家の戸別保障については一年前倒しでやらせ
てもらえることになった、との事など、今の段階での予
算とマニュフェストの簡単な検証があり、続いて今後の
新成長戦略の概要の説明があった。

詳しくは略させていただくが、印象に残ったのは“政治
とカネ”の話題で国会が荒っぽい議論になってしまった
のが残念、との感想が聞けたこと。

そのことに関連して、政治資金規正法を是非改正した
いとのことだった。

約40分ほどの公演中、あたりを見回してみるとほとん
どの人が黒っぽい背広。

中には和服姿の女性も3人ほど。色無地のお着物に品
の良い袋帯の年配の方も見受けられた。

しかし、全体的にはなんかの株主総会のようなそんな
印象が。。。

民主党の支持者は男性が多いとは聞いていたが、ちょ
っとこのサンプリングは不自然じゃないの?と思わせる
ものがあった。

これが組合、組織、団体というものか、と。  

テレビでしかお目にかかったことのない大臣の生の声
と迫力は、じっさいに行って見てみないと感じられない。

その点ではそれなりに収穫はあった。

また、政治の世界での集まりには、黒い背広姿の男性
陣がこんなに集まってくるのか。。
ということも実感できた。

素朴な感想・・・

もっと、女性が政治に関心を持ち、また発言できるよう
な環境が出来なければ、本当の意味で日本が民主的
になったとは言えないのではないだとうか・・・と。

                          ~fin~
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

応援メッセージを本日5月7日に お届けしました♪

先日来、会員の皆様にお知らせ、お願いを申し上げて

おりました、小沢幹事長、石川知裕代議士への

「応援メッセージ」

沢山の方から、掲示板、メール、ブログのコメント欄へ

とお寄せiいただきました。

皆様には、この場を借りまして、世話人一同より、

厚く御礼を申し上げます。

世話人のhanekiyoが、皆様の熱いご声援を、本日

5月7日、お届けさせていただきました事を、ご報告

いたします。

石川議員には、お届,けの際にインタビューを、させ

ていただき、そのほかにも嬉しいお誘いをいただき

ました。

ご報告まで、今暫くお待ち下さいませ note

本当に、ありがとうございました。

                       世 話 人 一 同

Tishikawa

Ozawan5

| | コメント (1) | トラックバック (0)

☆メッセージ募集☆

先般からブログ記事およびツイッターでお知らせしている

通り、小沢幹事長と石川知裕代議士に応援メッセージを

当会でお届けする事になっています。

ゴールデンウイークが明けたらすぐに、お届けする予定

です。

今迄にメッセージをお寄せ下さった会員様には厚く御礼

申し上げます。

ゴールデンウイーク中は、まだまだ受付をいたしており

ますし、会員さん以外の方で、是非ともメッセージを!と

思われる方は、このブログのコメント欄にご記入下さい。

皆さんの激励・応援の声をお待ちしています sign03

会員専用掲示板はHPにあります。
http://1st.geocities.jp/ichiro_kaiin/

関連過去記事はこちら

小沢幹事長
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-2eaf.html

石川知裕議員
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-68e2.html
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-14f1.html
http://ichirokai.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/o-50b8.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢一郎支援ブログ―市民による日本一新運動ネット版― のご紹介

以前にもご紹介しましたが、当会とは別の「小沢一郎」

支援活動をしている

「小沢一郎支援ブログ
      ―市民による日本一新運動ネット版―」

ブログの公開が始まりましたので、再度ご紹介します。

また、ブログ開設にあたり、平野貞夫氏と二見伸明氏
のコメントがありますので併せてご紹介いたします。

※※※※※ 有料ブログ開設のご案内 ※※※※※

1.ブログ名称:「素晴らしい日本をつくろう!」        
   サブ:小沢一郎支援ブログ
                 ―市民による日本一新運動ネット版―
 
2. 代表:平野貞夫、
   Blogger 二見伸明、戸田邦二、達増拓也
      (以上決定のみ。開設後、随時追加予定)
          
3. 運営費:月払500円、年払5.000円
           (振込手数料:参加者負担:税別)

4. 購読者、投稿者権利・義務規定を明記。

5. 若い人向けに、従来どおりの「よこ書き」コメント
   とするが、電子書籍で読めるように縦組みの電子
   データもダウンロードできる。
                 (筆者ごとに冊子化し、利便性を向上)

6. 可能なかぎり、情報(意見)の双方向性を維持する。

    仮登録アドレスeasycompany777@yahoo.co.jp

============================================

ブログ開設にあたって(稿)    代表  平野貞夫

 二〇世紀末から始まった第三次産業革命によって、
情報社会が本格化した。
政治・経済・社会・文化など・・・、
人間のあらゆる活動が、情報という社会神経機能で
支配される時代の到来である。
 日本の巨大マスメディアは、情報社会に対応する
改革努力を怠り、新しい情報技術や社会的要請に
応えることができなくなった。
経営に行き詰まるのに十年間は要しないだろう。
 「社会の木鐸」という健全な社会を守るマスメディア
が、その機能を放棄して久しい。現在では、旧体制を
続けようとする政治官僚勢力と結託共鳴して、事実を
曲げてまで政治不安を煽り、情報社会の発展を妨害
している。
 このブログは、政治・経済・社会問題を中心に、真
実と事実を発信し、それを共有して相互に論じ合うた
め開設した。健全な情報社会を創るため、
「日本一新」の運動をスタートさせたい。

燎原の火(稿) 副代表 誇り高き自由人 二見伸明

 正論は、多くの場合、初めは「異端」である。ガリレオ
の「地動説」、アインシュタインの「相対性理論」しかり
であった。フランス革命も、明治維新も初めは「異端」
だった。普遍的な理論と哲学をもった「異端」は時間を
経れば「常識」となり、社会や時代を根底から変えた。
 小沢一郎の「日本改造計画」も「異端」だった。具眼
の士は小沢に、「官僚支配」の打破や、真の国民主権
・民主主義の新しい日本を創る、強烈なエネルギーを
見た。
 「官僚」に依存しきっていた政界、財界、労働界、マス
コミなどは戸惑い、「霞が関」は恐怖した。以来、十七
年間にわたる官民挙げての小沢潰しが続いている。
小沢は動じなかった。理解者は着実に増えた。
 政権交代したとはいえ、混乱期である。改革派の中
にも、反改革分子がいることは、革命の歴史が示して
いる。このブログが一点の火となって、燎原の火となる
ことを確信している。

============================================

お問い合わせ等につきましては、先方へ直接ご連絡を
お願い申し上げます。

| | トラックバック (1)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年9月 »