« 「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 倫理委員会での小沢一郎氏の発言 | トップページ | 「常任幹事会・倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 (小沢一郎氏の不服申立書) »

首相「びっくり」発言への抗議文 - 北辰会

民主党の小沢一郎元代表に近い衆院当選1回生議員でつくる「北辰会」が25日、菅直人首相が子ども手当の支給額(月2万6000円)を「びっくりした」と発言したことに対し、抗議文を提出しました。全文は下記の通りです。

内閣総理大臣 民主党代表 菅直人殿

       抗議文

 2011年2月14日、我々は岡田幹事長への面会を通じ、国民の信頼を回復するためにも、執行部は我が党の先頭に立って党内を結束し、政権与党として「国民の生活が第一。」の政策実現という政権交代の原点に立ち戻って粛々と行動することが、真の挙党体制であることを申し入れた。

然しながら、我々の申し入れは事実上無視されており、極めて遺憾である。

 加えて、昨日2月24日の衆院本会議において、代表・総理が子ども手当に関して、「小沢一郎氏が代表だった当時、2万6000円と聞かされてびっくりした。」旨の発言をされたことは、当時、代表代行であった菅総理の責任放棄と受け止め、とうてい看過することはできない。

 そもそも、我々衆院議員一期生は、2009年マニフェストを掲げ国民の負託を得て、現在厳しい状況の中、歯を食いしばって政治活動を行っている。

 今こそ、政権交代の原点に戻るべき時にも拘わらず、徒(いたずら)に党内を混乱させ、国民の我が党に対する信頼をさらに貶めるような発言は、絶対にあってはならない。

 いかなる意図があっても一度代表・総理の口から出た言葉は極めて重い意味を持つことを十分に認識され、発言の撤回および議事録を削除を行い、党として国民の皆様と約束した政権公約を守るため最大限努力されるよう強く要請し、ここに抗議する。

               以上

              北辰会一同

ご意見・ご感想をコメント欄にお寄せ下さい。

|

« 「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 倫理委員会での小沢一郎氏の発言 | トップページ | 「常任幹事会・倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 (小沢一郎氏の不服申立書) »

コメント

小沢・小沢・小沢・・・・
確かに人と人との繋がりは、ある意味全ての中心になり得ると思います。でも今は「さすがに」いや「今だからこそ」カン批判をしてる場合じゃないのでは?
所詮当選1回の新人議員。党に属しているなら党に従え!リクルートスーツを着た右も左もわからない人達が、粋がっている場合ではない。日本の危機に何を勘違いしている!非国民!
時と場合を弁えろ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
震災直後は首相批判を控えてきた小沢氏系議員だが、首相官邸が平常時の態勢に戻りつつある中、次第に動きを活発化させ始めている。衆院当選1回議員でつくる「北辰会」は7日、衆院議員会館で会合を開いた。約15人が出席し、「そろそろ(倒閣に)動きだすべきだ」との意見も出た。

投稿: 政治家を憂うもの | 2011年4月 8日 (金) 15時47分

こんにちは。北辰会の方々の行動は憲政の常道に照らして尤もです。
この際は、菅と手を携えることは不可能です。彼はマニフェストを泥水に突き落としただけでなく、マニフェストによって投票した国民を馬鹿にしている。統一地方選挙候補に配られた民主党のチラシは菅伸子が主人公の漫画だそうです。民主党議員も選んだ国民も菅一家の奉公人ではない。
もはや、狂った様な奇行に走る菅総理及び取り巻きとは一線を画し、解散総選挙の際は、彼らが二度とデカイ口が聞けない様に、落選をもって我々の意思を現しましょう。

投稿: em5467-2こと恵美 | 2011年2月26日 (土) 16時40分

北辰会の言われるとおり菅氏の人間性が疑われます。どうしてこんな人物を何時までも民主党代表としておくのですか?次の総選挙では、民主党は全滅するでしょう。特に菅氏を担ぐ民主党議員は略全員落選となるでしょう、菅氏自身も落選濃厚です。一日も早い対策を採られることを希望します。

投稿: 銀河系宇宙人 | 2011年2月26日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1348233/39020578

この記事へのトラックバック一覧です: 首相「びっくり」発言への抗議文 - 北辰会:

« 「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 倫理委員会での小沢一郎氏の発言 | トップページ | 「常任幹事会・倫理委員会の皆さんへ 私の主張」 (小沢一郎氏の不服申立書) »