« 「小沢一郎議員を支援する会」第6回シンポジウム | トップページ | 新党「国民の生活が第一」結党大会 »

小沢民主党元代表 離党声明文

民主党の小沢一郎元代表(70)と小沢グループの議員らが2日、離党届を党に提出いたしました。

【小沢一郎に日本を託す会】は、政権交代時に約束された国民との約束を守るため、苦渋の選択をされた小沢氏をこれまで以上に支持いたします。

会員の皆様におかれましても 引き続きこれまで以上の支持をお願いいたします。

民主党に離党届を提出した小沢一郎元代表が2日夕、国会内で記者団の取材に応じた。やりとりは以下の通り。

小沢氏離党表明全文

 小沢氏「それでは、本日の離党届を提出したことにあたりまして、私どもの主張を申し上げます。先月26日に衆議院本会議で消費税の増税だけを先行する社会保障と税の一体改革関連法案の採決に際して、反対票を投じた者のうち衆議院(議員)38名に加えて、同じく今回の消費税増税法案に反対をしております参議院(議員)12名の計50名の離党届を本日午後12時半に、衆議院議員分は山岡(賢次)衆議院議員、参議院議員分は広野(允士)参議院議員が輿石(東)幹事長に提出をいたしました」

 「私たちは衆院での採決に際し、国民との約束にない消費税増税を先行して採決することは許されない。さらに消費税増税以外の、私たちが政権交代で訴えた社会保障政策などはすべて棚上げして、実質的に国民との約束を消し去るという民主、自民、公明との3党合意は国民への背信行為であると主張してまいりました。こうしたことからわれわれは採決において、行財政改革、デフレ脱却政策、社会保障政策など、増税の前にやるべきことがあると主張いたしまして反対票を投じました。そして、これまで輿石幹事長には、3党合意による増税先行の今回の法律の撤回を求めて、何よりも民主党が国民との約束を守り、努力するという政権交代の原点に立ち返ることが最善の策であると訴えてまいりました」

 「週が明けて本日になるまで、3党合意を考え直し、党内結束するという趣旨の話はありませんでした。出てくるのは反対した者に対する処分の話ばかりでした。国民との約束を守ろうとする者たちを、国民との約束を棚上げにする、反故(ほご)にする人たちが処分をすることは本末転倒の話であります。もはや野田(佳彦)首相のもとでの民主党は政権交代を成し遂げた民主党ではありません。民主、自民、公明という三大政党が官僚の言うがままに消費税増税の先行を3党合意で押し通すことは国民から政策を選ぶ権利を奪うことであります。3党合意とは政策の違いを国民に示し、国民に政党を選んでもらうという二大政党政治、いわんやわれわれが目指してきた民主主義を根底から否定する行為であります。私たちは事ここに至って国民の生活が第一の政策を国民に示し、国民が政治を選択する権利を何としても確保することこそ、混迷にあるこの国を救い、東日本大震災で被災された方々をはじめ、国民を守る政治家としての使命であるとの決意を新たにいたしました。私たちは今後、新党の立ち上げも視野に入れながら、政権交代の原点に立ち返り、国民が選択できる政治を構築するために、本日民主党を離党いたしました。以上です」

 --新党の立ち上げということだが、具体的な時期は?

 「ん、まだあの、その点については言う、言える段階ではありません。んん、今日、離党届を提出した、あのお、議員の人々も地元におられる方もおりますし、いずれ明日、明後日中にもみんなが上京されてから、ああ、新党の結成ということ、それに伴う負担の部分についてみんなの合意を得たいと思っております」

 --民主党の枠を超えて国民に直接訴える選択をしたわけだが、次期衆院選を見据えて、今後何を柱に政策として訴えるか。

 「それも、新党を、政党を立ち上げてからみんなで議論する話でございますが、われわれの背景には3年前のマニフェストの、国民のみなさんと約束した理念と個別の政策があります。そして、今日的なテーマとしては直接、消費増税の先行反対ということは大きなテーマだと思います。それからもう1つ、原発の問題も大きな国民の関心事であろうと思います。まあ従いまして、そういうようなことをみんなで議論したうえで、党としての国民のみなさんに対する訴えをまとめていきたい、そのように思っております」

 --新党をつくった場合は、09年の民主党のマニフェストの骨格の実現も目指すということになるのか?

 「今話したとおりです。われわれには原点に返ろう、国民との約束を守らなくてはいけない、増税の前にやるべきことがある。こういう主張ですから、当然、その政権交代のとき国民みなさんに約束した、ああ理念とそして個別の政策等について、それが背景にあるということは当然のことです」

産経ニュースより

|

« 「小沢一郎議員を支援する会」第6回シンポジウム | トップページ | 新党「国民の生活が第一」結党大会 »

コメント

内閣不信任案否決:民主、止まらぬ造反
http://mainichi.jp/select/news/20120810k0000m010096000c.html

中小野党7党が民主党15人以上の引き抜き工作に 大☆失☆敗 したことが判明しました。
まぁ引き抜き工作どころか電話すらしてないって話でしたから最初っから中小野党7党は内閣不信任案を否決させる=内閣信任を宣言したわけです。

「小沢が本気ならあのgdgd民主党から15人の造反くらい朝飯前だろ?なんでその程度の引き抜きもしねーで内閣不信任案を否決させる=内閣信任したんだよあいつ」

投稿: | 2012年8月10日 (金) 04時17分

小沢一郎先生


絶対に総理になってください。ここんとこの小沢一郎先生関連記事を熟読してますと、小沢先生の戦略がよーく、分かります。
どんな手段を使っても、必ずや天下を取ってください。小沢先生なら、必ず日本をよくすると確信しております。
小沢先生の人心掌握術、最高です。
野田さんも民主党を壊したくないのなら、小沢先生に「どうぞ、民主党の代表になってください」と一言いえば、済みますよね、
小沢先生に必ずお伝えください。
首相になって日本をよくしてくださいと。

茅ケ崎徳洲会総合病院
人事課長 加藤清孝


追伸、四億円の政治資金のなんちゃらなど、小沢先生にとっては、鼻糞みたいなもんですよね。

投稿: 加藤清孝 | 2012年7月 3日 (火) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1348233/46155869

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主党元代表 離党声明文:

« 「小沢一郎議員を支援する会」第6回シンポジウム | トップページ | 新党「国民の生活が第一」結党大会 »